丹波黒枝豆について|丹波篠山産の高級ぶどうや丹波黒枝豆を通販でお取り寄せいただけます。

丹波黒枝豆について

丹波黒枝豆の特徴は?

丹波黒枝豆の特徴は一粒が大粒で美味しいこと。
それは、丹波篠山の土壌が黒枝豆栽培に適しているからです。丹波篠山の豊かな土壌に、盆地特有の寒暖差が加わり、ぷっくりとした大粒の黒枝豆に育ちます。
また、開花から成熟するまでの日数も他の枝豆に比べて長く、約100日かけて大きく成長させます。
丹波篠山産の黒枝豆は、独特のコクや甘み、ほっくりとした食感など、どれをとっても最高級の美味しさです。
現在では、篠山以外でも丹波黒枝豆が栽培されていますが、篠山の土地で採れた黒枝豆は一味も二味も違います。
ぜひ丹波篠山産の黒枝豆をご賞味ください。
丹波黒枝豆は、黒大豆になった時にアントシアニンという色素で黒くなり、ポリフェノールも多く含まれるようになります。
血液をサラサラにするなどの効果が注目を浴び、イソフラボンやレシチン・大豆たんぱく質・ビタミンB1・B2・食物繊維など、女性に嬉しい成分がたっぷり入っています。

丹波黒枝豆と丹波黒大豆の違い

丹波黒枝豆と丹波黒大豆の違いは収穫の時期によるもの。つまり、もともとは同じものなんです。
丹波黒枝豆の収穫時期は10月頃から約2週間ととても短いです。その丹波黒枝豆を収穫せずにそのまま置いておくことで、丹波黒大豆になります。
丹波黒大豆の表面には、白い粉がついています。これは、ぶどうの新鮮さを表す白い粉「ブルーム」と同じ成分です。美味しさの証がこんなところにも。

本黒と早生の違い

丹波黒枝豆には10月頃から約2週間と短い旬の期間に収穫する「本黒」、それ以前の7月~9月に収穫する「早生」があります。
早生はあっさりとした味わいがあり、本黒はコクと旨味がたっぷり味わえる枝豆です。
本黒と早生の見た目の違いは、本黒の方は粒が大きくて、黒い斑点や茶褐色になっているなどの特徴があります。

たくさんの人に知ってほしい!丹波篠山黒枝豆の歴史

丹波篠山の黒枝豆の時代は、江戸時代にさかのぼります。
幕府への献納品として、黒大豆はその名を広げていましたが、黒枝豆としては、昔から篠山地方でしか食べられていませんでした。
丹波黒枝豆の美味しさは、篠山の宝として私たちの先祖から大切に大切に伝えられてきました。
そしてこれからは、この味を、日本だけでなく世界に広めていくことが我々世代の役割だと考えています。

黒枝豆ができるまでの過程

丹波黒枝豆は6月頃に畑への種まきを開始します。梅雨時期にも負けないよう、通気・排水の良い高畝に種まきをするのが特徴的です。生育を見守りながら、摘心や追肥を行っていきます。
次に行うのが、茎部分からも根を出して生育を促す中耕作業(土寄せ)です。根の部分にある土を茎にかけて、必要な栄養や酸素を行き渡らせます。生育を促進するため大切な工程であり、作業は2~3回繰り返します。
そうして、100日ほど愛情たっぷりに育てた丹波黒枝豆がようやく収穫となるのです。

美味しいお召し上がり方

丹波黒枝豆の収穫時期は、わずか2週間程度。
この短い収穫時期の間にも、刻一刻と味は変化していきます。
その中で、最も美味しくお召し上がりいただけるタイミングで収穫しています。ぜひ、この贅沢な味わいをお楽しみください。
長期保存する場合は、丹波黒枝豆を塩もみした後、2~3分程茹で、急速冷凍してください。
お召し上がりの際は、熱湯に塩を少し加え10分ほど茹でていただくと美味しくお召し上がりいただけます。

茹で方

塩を染み込ませるために、莢の両端を5ミリほど切り取ります。
軽く水洗いした後、手でこするように塩もみします。
そのまま少し置いておき、茹でる丹波黒枝豆の3倍ほどのお湯を用意。
そこに丹波黒枝豆と少量の塩を入れて約7~15分茹でます。
その後はザルにあげ、塩を振りかけてお召し上がりください。
時期によってやわらかさが変わるため、7分ほど茹でたタイミングで味見をするのがポイントです。

保存方法

一回で食べきれないほどの量を保存する場合、莢の両端は切らないことがコツです。
3~5分ほど短めに茹でて、あら熱を取ったらラップやビニール袋に一食分ずつ包み、冷凍庫で保存します。
食べるときは自然解凍か、5分ほど茹でてからお召し上がりください。

黒枝豆の料理方法

丹波黒枝豆ごはんの作り方をご紹介します。
用意するものは、主役の丹波黒枝豆(1カップ)、お米(3カップ)、塩(小さじ2)です。
まず、お米をといで30分ほど水切りをします。
その間に茹でておいた丹波黒枝豆を水でさっと洗っておきます。
鍋に材料(お米・塩・丹波黒枝豆)を入れて、お米の1~2割り増しの量の水を加えます。
後はいつもと同じように炊くと、美味しい丹波黒枝豆ごはんのでき上がりです。

お客様の声

丹波篠山ひなたファームの丹波黒枝豆をご購入いただいたお客様からのお声をご紹介します。

  • エダマメが大好きで色んな枝豆を食べていますが、豆の甘さ、コク、ホクホクとした食感は他の枝豆とは全く別のもののように美味しかったです♪
  • 届いた枝豆の見栄えにびっくりしました。思っていた緑のさやではなく若干茶がかっていたので痛んでいるのか?と思いましたが、主人が汚い方が美味しいという言葉を信じていただきました。驚きの美味しさに来年も絶対いただきます!
  • 10月初めに届けていただいたときは少し小さく青臭いように感じましたが、月末におかわり注文をして届けていただいた枝豆は倍?くらい大きくコクと甘みがあって美味しく、家族皆で食べたら一瞬でなくなりました。
  • たまたまひなたファームさんのサイトを見つけました。美味しそうだったので試しに黒枝豆を注文させていただいたのですが、今まで食べたものよりも甘み・旨味を感じられて、食べごたえもあって、すごく美味しかったです!また来年も美味しい枝豆が食べられるのを楽しみにしています!
  • 丹波篠山ひなたファームさんの黒枝豆は、食べたときの食感がホクホクとしていて、とっても甘みを感じました!他の黒枝豆の甘みと、丹波篠山ひなたファームさんが作る黒枝豆の甘味の違いは何でしょうか?とっても美味しかったです!

商品一覧

黒枝豆のご予約について(発送時期:10月中旬)

ご予約は7~10月の間に受け付けております。収穫したのち出荷前にご連絡をいたします。
10月いっぱいは基本毎日収穫しますが、黒枝豆の生育状況や天候により休みとなることがあります。
詳細はお問い合わせください。

【お届け先が長期不在となる場合】
発送期間内にお届け先が長期不在となる場合、黒枝豆が傷みますのでお早めにご連絡下さい。ご連絡が無い場合、お客様のご都合によるキャンセル、返品は出来かねますのでご注意ください。

黒枝豆のご予約はこちら

黒大豆のご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

    商品一覧

  • ぶどう
  • 丹波黒枝豆
  • 丹波篠山産の農作物

Information

丹波篠山ひなたファーム
〒669-2131
兵庫県篠山市今田町辰巳14-5

高級ぶどう・丹波黒枝豆が自慢の当園では、丹波篠山産の優れた野菜や果物を生産・販売しております。通販のご利用はお気軽に。全国どこからでもお取り寄せいただけます。

  • 079-597-2031
  • 営業時間 8:00 - 19:00
  • お問い合わせフォームはこちら
  • facebook
  • instagram
  • こんだ薬師温泉ぬくもりの郷
  • 丹波立杭焼 陶の郷
  • 丹波篠山観光情報
  • 篠山市ホームページ

ページの先頭へ